飲食店でタブレット型POSレジが増えている理由

飲食店の販売管理・計数管理をするうえで重要な「データ収集・分析」を行う際、手打ちレジを使用している場合は「営業終了後にジャーナルを見て内容を転記・分析する」と言ったことが必要になります。以前ならばこうした状況が普通だったこともあって苦に感じない人も大勢いるでしょうが、今後、より効率よく行っていくためには「IT化」した方が賢明です。その筆頭とも言える「POSシステム」は、大手の飲食店では必ずと言って良いほど導入されているシステムですが、個人単位の飲食店ではその必要性が薄かったり、導入したくともコストが問題となって断念していると言う状況が多くあります。しかし、近年はそうした環境が大きく変化してきているため、個人単位で経営している飲食店の中にもPOSシステムを導入するところが増えています。

POSシステム導入の最大のハードルは「コスト」

POSシステムを導入することによって、レジで行った会計が即座にデータとして収集・分析されるようになります。オーダーを取る段階で「ハンディ端末」を使うことで伝票にバーコードが印字され、それを読み取ることで席ごとのオーダー管理・販売管理を行えるので非常に便利です。会計処理に関してもバーコードを読み取るだけの作業で済み、会計終了後はリアルタイムで当日の営業データを確認することも可能です。非常に便利なシステムであることは間違いありませんが、小規模店舗で導入が進まない理由の一つに「導入コスト・ランニングコストが高い」という問題があります。場合によっては100万円を超えるコストが必要になることから、その価値を知っていても導入を断念せざるを得ない状態になっている状況が数多くあります。

導入コストがほとんどかからないPOSシステムが普及し始めた

ところが、近年のIT業界の進歩によって「タブレット型POSシステム(レジ)」が登場しました。企業内で回線を共有して管理する従来の方法とは違い、「クラウド」を使うことで必要な設備資材を少なく抑えることが出来る様になったことで、導入コスト並びにランニングコストの削減が実現しました。その結果、「実質的な導入コスト0円」でPOSシステムを導入することが可能となり、ランニングコストも従来と比べて非常に安く済むと言う理由から導入が進み、小規模店舗でも比較的気軽にPOSシステムを導入することが出来る様になってきています。効率良くデータ管理が出来ると言うことは、そこに掛かっていた人件費などのコストを節約することも期待できるうえ、「より戦略的な経営がしやすくなる」と言うことで非常に注目されています。